ペットフード用品専門店 ゆーほ

アミノ酸は素敵なんだょ。もっと理解しなきゃ・・・。

ここんとこ異種タンパク質フードがあちらこちらから発売されてますね。ま・・基本的にタンパク質のため打ちは百害あって一利なしの部分もあるんで これはある意味ドライフード利用者にとっては朗報となりますね・・・?。
しかしながら・・どれが良いのか悪いのか・・・、これははっきり言って「わかりません!」と声を大にしてのお答えになります。そもそも主食レベル(ドライフード)の良し悪しは2日3日でわかるはーずがありませんしね。
だって・・今まで毎日「山崎パン」を食べていた人が、突然「フランスパン」に変えたら2週間目に頭髪がバサバサになったって聞いたことあります?毎日松屋の豚丼食べてた人が吉野家の豚丼に変えたってあーた・・。

さて・・今ここでお伝えしたいのは、アミノ酸スコアーについてです。
体内に取り入れられた食品もその全てが使用可能(使いきれる)なわけではなく、その質によっては全く使用されずに体内を巡って捨てられていくこともあると言うことです。(それらは単に尿サイクルとして血中を巡り腎臓を痛めつけ、最終的にゴミとなる不要な物質)。よーは・・スコアの悪い食品ははとらん方が良い!と言うことになります。

ほんじゃ何が良いの?となると思いますが、犬にとって良かれな物は・・肉となります。
動物性のタンパク質の良いところはアミノ酸スコアーがほぼ全て100を超えることです。アミノ酸は1つでもスコアーの低い物があるとそれに合わせて合成が行われる特性があります。何かが少ないからと言って代わりに代打を引き受けるアミノ酸はありません。
ちなみに各スコアーはこんな感じ・・米は65、大豆86、鶏肉100、豚100、卵100、うし100などとなります。米を例にとれば、本来100必要なタンパク質が65しかどーやっても取れないと言うことになります。ん・・じゃ~この場合65にさらに65を足せば?と考える方がいますが・・それは駄目でして・・

【アミノ酸バランスとは】味の素抜粋・・。
カラダにとりいれる好ましいアミノ酸のバランスは、国際機関(FAO/WHO/UNU) によって定義されています。 このパターンと比較し、相対的に最も少ないアミノ酸を制限アミノ酸といい、これを補ってゆく必要が有ります。
一般的に卵のたんぱく質などの動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが良好で、小麦やトウモロコシなどの植物性たんぱく質のアミノ酸スコアは低いことが知られています。

d0005644_2194469.gif


上の図は・・卵のたんぱく質はアミノ酸スコアが100%!たんぱく質の中でも最もアミノ酸のバランスが良いと言われています。小麦のたんぱく質のアミノ酸スコアは42%、精白米のアミノ酸スコアは61%。 最も不足する必須アミノ酸はともにリジンであることが知られています。

そんな訳で・・、独り言。
・・・てん
# by yuho-online | 2005-03-18 21:32 | □アミノ酸について

皆さまご無沙汰~でございます。

ご無沙汰しております・・・。久々の書き込みになります。
花粉舞い散る今日この頃、目と鼻を新しい物に取り替えたい気持ちでいっぱい・・・。

d0005644_1811224.jpg
フォトは旬のフード、イノーバエボでございます。
昨今ゆーほでは質問の多~い悩ましい奴です。
そこでコイツの特徴を一言書き添えておきます。
コイツを簡単に表現すると一言・・・肉々しさですかね・・・。

□粒形状は小粒且つ重めでウエッティー感で満ち溢れています。
□嗜好性は◎。
□便状態、肉々しい分最初は少々軟便になりがちですが徐々に胃腸が慣れてくるとバッチリ○です。
□入荷状況ですが、ここんところは大分安定してきました。今のところ7.5kgのみの入荷です。

最後に・・、類似型フードたち。
ライフスパン・ティンバーウルフなどですかね~
ティンバーは動検通り次第取り扱いします。お楽しみに!
                     ・・・・てん
# by yuho-online | 2005-03-18 18:10 | □ドライフードのちょぃ話



てんちょ・・・ひとりごと
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
LINK
 ゆーほオンライン

運営者
パルプラン co.,ltd
管理責任者 ・・・てん

ご来訪カウンタ
ブログパーツUL5
(+200.000)
since 2005/03/18

ゆーほ南口本店

ゆーほ北口店

闇の部署:通販事業部

検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル