ペットフード用品専門店 ゆーほ

2005年 07月 22日 ( 1 )

免疫系:アレルギー性皮膚疾患に付きまして。

■蚤アレルギーは最も一般的な原因で続いてアトピー、食物アレルギーが挙げられる。
■発症原因が何であれ、特徴のある臨床症状は蚤痒である。
■特に食物アレルギーの動物では抗原への曝露を避けることが診断及び治療となる。
病態生理
■好塩基細胞による皮膚過敏症で、抗原(例、ノミの唾液/抽出物,おそらく上皮バリアを通過する風媒性の抗原、腸から吸収された食餌性タンパク質)に反応する。
■正常な動物では、未分解の食餌性タンパク質に対する局所ならびに全身性の免疫反応は、抑制されている(経口寛容):食物アレルギーは、抑制機構の不全の結果である。
■免疫グロブリン(IgE)とおそらくIgGの細胞結合の架橋によって起きる肥満細胞および好塩基細胞の脱顆粒は、炎症性化学伝達物質を放出する。
■皮膚の単核細胞数及び好酸球数の増加。
身体所見
○犬の場合尾背部位、腹部の腹側、大腿、尾に丘疹性皮膚炎
○脱毛症
○好酸球性顆粒性複合体
検査所見

・・・途中、ごめん時間が足りません。
・・・追記は明日に・・・メール対応の方一先ず読んでてね。
  ユカヌバ臨床栄養学より抜粋          ・・・てん
by yuho-online | 2005-07-22 20:27 | □皮膚疾患・・やな季節



てんちょ・・・ひとりごと
カテゴリ
以前の記事
LINK
 ゆーほオンライン

運営者
パルプラン co.,ltd
管理責任者 ・・・てん
連絡先03-5307-5099


ダイスケ(18歳にて没)
名:lark of world fujimoto jp
生:1993 12月19日

ご来訪カウンタ
ブログパーツUL5
(+200.000)
since 2005/03/18



ゆーほ南口本店

ゆーほ北口店

闇の部署:通販事業部

検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル