カテゴリ
全体
□新!イボ取り企画!継続
□大介晩飯シリーズ
□旬の食い物&用品
□ミネラル類について
□皮膚疾患・・やな季節
□スキンケア用品
□五臓六腑のお仕事
□アミノ酸について
□消化酵素について
□関節・筋・腱ポキポキ系
□新規取り組みのお知らせ
□雑談&戯言&一息ホッ
□食材の良し悪し
□目について少々
□口内トラブル全般
□お猫さま関連
□泌尿器ちびっとね
□エネルギー要求量計算
□ダイエットの巻
□ドライフードのちょぃ話
□栄養学みたいな感じ
□肝臓系オーダーサプリメント
☆よくある質問フード系
☆メーカー関連速報☆
☆船・株・時計?なんじゃそれ
☆勝手に掲載してるフォト
以前の記事
2012年 03月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2004年 02月
お気に入りブログ


カテゴリ:□消化酵素について( 8 )

消化酵素について・・。

酵素について少々・・・。

酵素といえばすぐ思い当たる消化酵素ですが、消化吸収以外にも息をしたり筋肉を動かしたりするといった一連の生命維持にも酵素の働きがかかわっています。
現在発見されているものだけでも酵素は約3000種あります。この3000種の酵素には1つ1つ別の働きがあります。
体内において十分な酵素を作り、生の食材や、獲物の消化器官より直接酵素を随時補給していれば何の問題もないのですが、人間と暮らすことで食事より酵素を補給することが困難になった上、加工された食事に慣れてしまい酵素を作る能力も低下してしまった犬達が酵素不足に陥ってしまっても何の不思議はありません。更には近年の獣医療の進歩も無限ではない酵素生成能力に密接に絡みついて・・・。

    一個体が体内で合成できる酵素の量は、限られています

●加工食品からは食物酵素を摂取できない!
酵素には体の中で作る酵素と、生の食材、発酵食品などに含まれる外から取り入れる酵素があります。酵素はミネラルの核に蛋白質を結び付けて作られます。材料が蛋白質であるため熱に弱く70℃で変性し働きを失ってしまいます。つまり加工食品には酵素が含まれていないということになります。

●めぐりめぐって代謝酵素の生産がおろそかに
体の中で作る酵素は生体個々によって生産量に限りがあります。食物酵素の含まれていない食べ物しか食べず、外からの酵素の供給が見込まれないとなると、体は消化吸収のため消化酵素の生産に力を注ぎ、代謝酵素の生産が不足してしまうこともあるのです。

●結果として消化吸収のみにとどまらない、消化酵素の大きな働き
諸事情により食物酵素(生の食品より摂取)の含まれていない食品だけ与えられている犬たちの食事には消化酵素は不可欠な存在になってきます。単に消化酵素を加え消化を助けることだけでも、実際は生命活動に不可欠な代謝酵素生産に余力を回すことが可能になり、生命活動の維持に大きな役割を果します。



余談ですが・・・近年食物酵素の食品摂取の是非がよく問われてますが・・確かにどちらですか?と言われれば「必要」が正解だと思います。
しかしながら、食物酵素の摂取を生の食品からだけに頼っても結果的には不足が生じます。そもそも食物酵素は経口摂取すると胃の強酸(pH2-2.9前後)に触れて酵素機能が変成されタンパク質に変化します。中に少量ですが壊れない酵素もありますが残念ながら大半は酵素としては機能は果たしません。
結果から言いますと、「食物酵素」自体を摂取をお考えであれば、確実性・効率性等の面を考慮すれば消化酵素を使われることが一番です。
by yuho-online | 2012-03-05 17:47 | □消化酵素について

加熱することのメリット OR デメリット まじめな話題・・。

所謂・・Raw Food も現状から申し上げれば賛否両論だろね・・・。

単純に「食物酵素!」は体に良い~ってその部分だけピックアップすれば確かに生物は否定出来ないが・・・ある意味・・また逆も然りなんっうことも結構ある。

例えば卵は生の場合、犬・猫の必須ビタミンの一種であるビチオンを利用できなくなくしてしまうタンパク物質、アビジンを含む。したがって食事の中に頻繁に生卵白を加えることの危険性を伴う。これ加熱すればアビジンは消滅して逆に卵は非常に消化がよい食べ物に変化する訳で・・。

また、加熱は細菌とカビ(食物腐敗生物)を死滅させ、またそれらが産生する毒素を破壊する。加熱は虫卵、被嚢幼虫のような寄生生物を死滅させ、ある種の植物性食物に自然発生する多くの毒性物質を破壊する。それは、例えばアブラナ科植物中の甲状腺腫原因物質、大豆中のトリプシン抑制物質、タピオカやキャッサバ中のシアン発生グルコシドなどである。調理はまた、重症の食中毒をひき起こすサルモネラ菌とポツリヌス菌のような細菌を破壊する。一方、特に穀類のような植物性食物のデンプン粒子を破裂させて、消化酵素の作用を受けやすくすることにより、犬と猫に対する食物の消化性をよくするようなこともある訳で・・・。
ちなみに・・魚は肉と同様に寄生虫を持っていることがあるので、食物として用いる前に調理しなければならない。さらに、若干の魚肉はチアミンを分解する酵素、チアミナーゼを含む。この酵素は加熱すると、分解または不活性化されるため、与える前に調理するもう一つの理由となる・・・わけで。

言いたいことは・・・犬猫の体にもとよりある潜在酵素数は3000-5000近くある訳で・・その中には必ずアンチ酵素がある訳で・・・食物酵素を取れば・・その分おまけも頂いちゃうこともある・・と。

野菜なんかは逆に、生だと固有色彩の醸し出す「生理作用的」は非常にGoodだと思うが・・・根本セルラーゼを標準装備していない犬猫は結果としてそのまんま出しちゃうわけで・・。
野菜は逆に加熱調理してやることで外皮(セルロース)を破砕することが可能となり、フィトケミカル的な観点から見れば十分は抗酸化作用は頂けると思う。 ま・・ビタミンB群は流れちゃうけどAはちっと残るみたいょ。
目線を変えてみることも時には必要なのでは・・・ありませんか。
・・・釈迦に説法でemoticon-0139-bow.gif     ・・・てん
by yuho-online | 2010-06-18 19:59 | □消化酵素について

続・・バイオテックスとは。何ぞや。

プロバイオテックスとは「腸内細菌のバランスを改善する事で宿主に有益な作用をもたらす生きた微生物」と定義される・・・もの。
近年では有益な微生物を生かす成分も含めてプロバイオテックスよ呼ぶ傾向にも成りつつあるが・・・。 あ、ちっと時間が・・ ここまで。
by yuho-online | 2007-12-04 19:49 | □消化酵素について

よくよく見てみると・・・プロバイオテックスっていい製品が全く無いね・・。

バイオテックスは酵素じゃないからこのカテゴリーに書き込むのはどーかと思うが・・・軽~るく1-2時間ウェブを巡回パトロールしてみて分かったんだが、プロバイオテックスに関してはホントまともな製品が無いことを発見!

●うわ~この配合でバ・・バ・バイオテックスか?とか・・
●それって・・枯れ葉剤?じゃん とか・・
●圧縮タブレットにしちゃうんだ乳酸菌を・・菌死ぬぞ とか・・
●乳酸菌発酵製品・・・それは発酵製品じゃん とか・・

なんかずれまくってるなー馬鹿に・・してます?
ちゃんとした物・・作るうか否や・・
by yuho-online | 2007-12-04 19:40 | □消化酵素について

意外と知らない方が多くびっくり。プロバイオテクス生死

下記は理解できる人のみ理解してください。質問はしないでね・・・。
乳酸菌(LアシドやEフェカ)・・・・・安定温度:60℃・・・抗酸性pH3.7
酵母・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・安定温度:78℃・・・抗酸性pH3.0くらい

酪酸菌はpH1.5まで影響はなし、乳酸菌はpH3.5で不安定又は失活
さてこの数値は難でしょう→何でしょう。
犬の胃酸はpH2程度、上記の耐性pH数値参考に、人間用のビオ●ェルミンやバイオテックスを与えて自己万の方は・・・お金をウン●に変換されているだけですので、ご注意ください。

ちなみに・・ビオ●ェルミンの効能:消化酵素・健胃生薬・乳酸菌を配合した消化薬で、食欲不振、胃弱、食べ過ぎなどによく効きます。また、リパーゼなど3種の消化酵素がすぐれた消化作用をあらわし、ガジュツエキスが脂肪の消化を助けます。さらに、胃粘膜を保護するアカメガシワエキス、胃腸の働きを整える乳酸菌もプラス

犬に使うなら、酪酸菌・バチルス等のようなpH耐性が取れているものにしてね。最近じゃ~大手どころの通販などでもPBブランドとして、得体の知れないバイオテックスや消化促進のエンザイムなんかを乱売?してますが・・・・・・如何なものか・・・。
ここで買ってるから大丈夫!lなどの変な妄想はそろそろ・・・・・・。↓の件などもありますしね。
by yuho-online | 2007-04-25 12:18 | □消化酵素について

有胞子性乳酸菌・・Bacillus coagulans 素敵な菌NO,1

(a)胞子を有するグラム陽性桿菌で、好気性~通性嫌気性菌。形状は棍棒状。カタラーゼ陽性。
(b)芽胞を形成する。周毛性で運動能力ある鞭毛を持つ。発育適温は30~37℃、至適pH5.6~6.2。
(c)ブドウ糖等を醗酵し、L(+)乳酸を生成しインドール、硫化水素は生成しない。
(d)100℃1時間の耐熱性、胃液の低酸度に耐え腸下部や大腸に到達し投与後4時間で増殖開始する。消化管内停留は約12日で排泄され、その間に副作用を起こすことがない。
(e)ビタミンB⒓、B²、B⁶、K³、ピオチン、葉酸、バクテリオシンを合成する。
(f)アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、ラクラーゼ等の消化酵素を合成し消化を助けます。
(g)腸内のコレステロールをコプレスタノールに変換し吸収阻止し血中コレステロール値低下する。
(h)耐熱性、対抗生物質性、耐胃液性を有する。
(i)医療面では次の疾患に用いられる。
ⅰ急性胃腸カタール、大腸炎、腸炎、下痢、便秘、カンジダ症、消化不良、食欲不振、自家中毒
ⅱ蕁麻疹、湿疹、小児ストロフルス、抗生物質療法、乳糖不耐性、コレステロール過剰症、白帯
(j)日常の保健服用量としてペット体重1kg当たり一日量として1500万個を予定。
さて、腹弱い子に愛の手を・・差し出すべきか・・究極のバイオテックス製作に入るどうか検討中・・・。              
                                     ・・・菌
by yuho-online | 2006-03-06 17:05 | □消化酵素について

留守の間に何かあったようで・・アーテミスが・・&ダイジェスティブサポート改良成分のお知らせ

                   【お詫びとお知らせ】
事後報告になりますが・・ダイジェスティブサポートとマルチエンザイムに使用しているセルラーゼ!を酵素メーカーで今一番動いている(使われている)旬の良質なセルラーゼに(10月中現在)変更致しました。
本件に付きましてご報告が事後になり一部のお客様にご不安をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げる次第であります。

「アミノコンプレックス製品の真髄」 よい原料があるならば・・原価無視して・・ドンドン組み入れろ!でございまして・・・、細かい部分の報告は今までとくにしておりませんでした。ただ・・原料の変更や含有率変更などの場合はその限りではありません・・。
☆今回のセルラーゼ変更により見た目は・・ダイジェスティブサポート・マルチエンザイム粉末にひも状のゴミが混入しているように見えますが・・それはゴミでは無く・・セルラーゼです。
そもそも・・ダイジェスティブサポートには重量比で言うところの0.5%量のセルラーゼを含有させていますので(マルチエンザイムはもっと~なのよ~)見た目には混合物があるように外観されやすくなっております・・。
本来であれば製造時に機械粉砕して微粒子にするのがビジュアル上は宜しいのですが、機械衝撃や摩擦熱により酵素力価が失活するマイナス要因を考慮すれば原形そのままで配合すべきと実行いたしました。フードの中には植物性原材料が多く使用されますが当酵素により細胞壁・細胞組織の融解により植物原材料が持つ栄養素、生理活性成分、抗酸化成分等が消化吸収されるようになります。その有利性は非常に高い物と勘考致します。

完全な独り言・・。ほっといてね・・・。
ダイジェスティブサポート・マルチエンザイムはそこらのpH調整も出来て無いよーなおもちゃ消化酵素とは完全に部類が異なる品物です。パッと見の原材料を横に並べて・・比較するのだけはやめてね~。
近年・・真似っこメグちゃんが非常に横行してますので・・お気をつけくださいまし。当たればまだいいけど・・安物選ぶと後々効き目が無い分サプリトラウマになるのよ~
「高い100円と・・・安い1000円」    ・・てん
by yuho-online | 2005-10-20 18:04 | □消化酵素について

「3年掛かったカユカユは、3年掛けて治しましょう・・・。」         ステロイドは一生の友??

   夏場に消化酵素をお薦めしている訳

ドライフード・・これ実に複雑な食べ物でありまして・・。1粒1粒に必須栄養素をバランス配合し凝縮した「マギーブイヨン」なのでございます。
あの丸い形状1粒中には【≒炭水化物40%・≒タンパク質20%・≒脂質10%・≒水分10%・≒その他?%】などが含まれる超ウルトラ複合食材です。
このお食事は非常に便利&画期的なのですが、ペットの胃袋からしますと非常に消化しにくい腹持ちの良~いお食事でもあることも事実なのです。良くも悪くも・・・。
さーて・・その理由ですが。
お口から入った食品は軽る~く咀嚼され胃に落ちます。そこで塩酸及びプロティアーゼ酵素(タンパク質分解酵素)を分泌してモミモミ・・・タンパク質をポリペプチド状態にまで分解します。(これがちゃんと出来ないとホットスポット:皮膚炎症こーす、後で説明します)・・胃でミキシングウェーブされて食品たちは徐々にキームス状(おかゆ状)になり十二指腸へ旅立ちます。十二指腸ではその他、脂肪・澱粉・etcを分解する為にせっせと膵臓酵素群が出動し分解を始めます。(脂肪はリパーゼ酵素、乳糖はラクターゼ、繊維はセルラーゼ、澱粉はアミラーゼ)消化とはこの様に様々な別の働きをする酵素の力が必要なのです。
ドライフード全般の弱点はここまでの工程に時間が掛かりすぎる点です。
先にも記載したとおり、ドライフードはまず胃に落ちて胃酸が掛かり・・・云々・・タンパク・・脂肪・・・諸々と分解されていくのですが・・如何せん粒は丸く、犬はほとんど咀嚼しない・・・。よって胃酸でとろけるまでにも時間がかかる・・・。
これがもし単体のお肉だとすると内容が単純な故消化に要する時間が短い。(肉の内容≒水分75%、≒タンパク質22%、残りチョコチョコ) 時間的に見ればドライに比べて1/4-1/5程度で済む、よって消化吸収が楽ちん。それに比べてドライは栄養価は優れるが胃腸ストレスは半端ない・・・。一長一短。
そんなこんなで消化酵素+プレ・プロバイオテックスの働きをちびっとご紹介です。

   【気温上昇の伴う胃腸障害・胃腸ストレス軽減・腸内環境整備には下記が有効じゃ】
①小・大腸の餌生菌!即ち、プロバイオテックスの給与。この給与により腸内有益菌は増殖をはじめ、水分の吸収、栄養の吸収がまともに行われます。近年では免疫作用・抗ウイルス作用・抗癌作用・花粉症を含むアレルギー疾患なども期待されております。
プロバイオテックスとは腸内微生物のバランスを改善する働きをもち、消化管内のよい影響を与える生きた微生物」でございます。
②プレバイオテックス腸内環境維持、腸疾患、栄養素の消化・吸収の促進。例)ビートファイバー:整腸作用のある機能性食物繊維として、平成5年2月に(財)日本健康・栄養食品 協会より総合評価書が出とります。
食品自体の分解を促進してくれる酵素群(エンザイム)
消化酵素の種類
①アミラーゼ・・・唾液やねん・・。デンプン分解促進
②プロティアーゼ・・タンパク質分解促進。アレルギーに関与
③リパーゼ・・・脂肪分解促進。アレルギーに関与
④ラクターゼ・・乳糖分解促進。
⑤セルラーゼ・・植物成分分解促進
アミノコンプレックス出よく使われている食品由来の酵素のご紹介
パパイン酵素(パパイヤに含まれる酵素)・・タンパク質分解、乳酸分解効力がある為、疲労回復効果あり!
パンクレアチン(豚膵臓酵素)・・各分解酵素たちを活性化させる力があります。アレルギー体質の方=膵臓酵素分泌不全(食物アレルギー)と見なされますので、そのような状況に適合!お薦め。
などと良さ気な物を記載してみたが・・実際のとこ単体でこんなもん摂れる訳も無く・・消化酵素、プロ・プレバイオテックスはなんだーかんだー言ってもサプリメントが一番じゃろーな・・。
てな訳で・・サプリメントのかる~い解説。
ダイジェスティブサポート
配合エンザイム(消化酵素)
□プロテアーゼ:タンパク質の消化促進酵素
□リパーゼ :脂肪分の消化促進酵素
□セルラーゼ :繊維質の消化促進酵素
□ラクターゼ :乳糖の消化促進酵素
□アミラーゼ :澱粉の消化促進酵素
★プロバイオテックス配合:サブチルス菌・ミルクオリゴ糖
★プレバイオテックス配合:食品規格ビートファイバー・キトサンを標準装備
&AAFCO基準のFULLビタミン14種搭載
コメント:胃・十二指腸・小腸・大腸と消化に関しての全ての要素を兼ね備えた逸品です。

ところで最近よくだいじぇと類似配合のパチ物消化酵素を見かけますが、全くの別物とお考えください。販売実績!製法!原料!別物です・・・。
100%国産食品規格原料!目で見える効果!本物の安心!を実感できる消化酵素はそれほどありません・・。


【ちなみに消化促進してくれるお友達】
HP-MAX
コメント:タンパク質分解促進酵素配合・プロバイオテックス配合(納豆菌・酪酸菌等)
難点は海藻で増量している為、繊維は摂れるが・・ローソディウムの部分が・・。&消化酵素(エンザイム配合)が手薄な分正直効果は・・・。整腸剤的な使い方が好ましいですね。軽度の軟便なら便質は向上は期待できます。
ディーンズ:プロバイオテック
コメント:消化酵素(エンザイム)は未配合、プロバイオテックスは乾燥状態?で完備。ま・・ディンズ先生ですから・・疑っちゃいけません。叱られます・・・。
難点は消化酵素が・・・ですから腸には働きかけますが分解促進にはならんでしょうね。
もしかして隠れ技があるのかも知れませんが・・・。凡人のわたくしには・・・。
マルチエンザイム
コメント:コテコテの消化酵素(膵臓酵素群)の塊。小腸・大腸などに働きかけるバイオテック等は申し訳ない程度・・乳酸培養生成物を配合・・。
基本コンセプト「胃・十二指腸・小腸での酵素分解仕事人」それのみに重点を置いた完全無欠のエンザイムです。それ以外の余計な物は入っていない・・潔い逸品。(膵酵素分泌不全系の食物アレルギーを持つペットにはウルトラ最適です)

一息・・・これからの季節特に消化気管は悲鳴をあげる時期。
特に気温上昇にどで内臓機能低下(消化率低下)することで 胃での分解消化がスムーズに行われず「ホットスポット??」っぽい症状が多発する季節の到来・・やですね~。
うちも夜中に
「バッバッバッばばばば・・と小刻み且つリズミカルな機関車?ですか・・その音って言いたくなるくらいのサウンドを奏でています」
最後に・・よくある質問に使い続けて大丈夫?ってあるのですが、消化酵素(エンザイム)やバイオテックスは薬ではありませんので全く問題はありません。
ただ、個々の食事状況に合わせた給与量の調整は必要かと。
個人的に・・やらないよりは微量でも毎日加えた方が胃腸ストレスの軽減に結びつくようにおもえますょ。

 カユカユが出たら・・直ぐにアレルギーだぁぁ~と言う前に・・
 ドライちょっと減らして見て様子見・・それでも駄目なら試してみてね・・だいじぇ。

        「事件(痒みは)は、皮膚表面では無く、胃袋でおきています」
で~もっ・・消化酵素は魔法使いサリーちゃんじゃないのょ~痒くなったらハィ!だいじぇ
                                        ・・・・てん
by yuho-online | 2005-05-01 13:45 | □消化酵素について




てんちょ・・・ひとりごと
by yuho-online
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
LINK


◆高円寺阿波おどり連協会花菱連 ブログ


◆ゆーほ・オンライン
 ペットフード・用品の通販




携帯QRコード
運営者
パルプラン co.,ltd
管理責任者 ・・・てん
連絡先03-5307-5099


ダイスケ(18歳)
名:lark of world fujimoto jp
生:1993 12月19日

完全爺犬(^_-)-☆
ご来訪カウンタ
ブログパーツUL5
(+200.000)
since 2005/03/18


ゆーほ南口本店

ゆーほ北口店

闇の部署:通販事業部

検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧