ペットフード用品専門店 ゆーほ

カテゴリ:□ダイエットの巻( 2 )

飼い主共々・・ダイエット 半年間の結果発表~。

実はわたしも・・我が家犬と一緒に約6-8ヶ月掛けて食事療法+筋トレ+有酸素で10Kgちかく落としました。
           犬は7.8kg→6.1kg  人間は76.5kg→64.3kg
【犬の減量のちょっとした秘訣】
老犬に過酷な運動は強いれませんので、やはり犬の場合は、食餌コントロールが一番の減量ポイント。
■即効性エネルギーたる・・炭水化物を出来るだけ少なくして、その分は同一栄養価(1g当たり3.5カロリー)タンパク質で調整。
■肉類は油抜きに考慮、全て茹でて与えました。
■ドライフードは通常規定量の約35%程度にし、残り50%を茹で肉、あとは繊維質で調整です。
※繊維質は低インスリン効能がありますので、10%程度は入れた方が痩せやすい。
■ミネラル系サプリメントは必須:肉の摂取過剰+代謝促進の為。
■あとは便質を見ながら1週間程度経過観察しながらの量調整。
月に約4-5%を目標に半年でバッチリ落ちました。半年かける理由は、リバウンド防止の為です。体は生命維持機能が働き、減った体重を戻そうとする働きをするのですが、ゆっくり時間を掛けて減量した場合、その働きも同じく・・非常に緩やかなものになりま。これは人も犬も一緒です。
シニアの諸君!今のうちに筋力を付けて基礎代謝を大きくしておかないと・・今後はさらに基礎代謝は落ち込み=デブリ易くなる & 足腰立たなくなると運動量も減る・・よって二乗のデブ加速します。デブる瞬間の加速はスーパーチャージャーに良く似ています。スムーズな体重増加→下から上まで止まることなく吹け上がります・・。
うちの子は足が悪いから・・・と言い訳してる方・・、そーいうのは勝手ですが、歩けなくなった犬がそんなに見たいですか?守るだけじゃ・・守れない?っう事もありますょ。

話は変わりますが・・人間Ver
人間の減量のほうですが・・兎に角、運動です。ちなみにわたしの場合・・食事療法は一切してませんでした。毎日朝は吉野家の牛丼か松屋の生姜焼き定食・・昼、ウルトラ炭水化物を約2人前、夜は酷すぎて止めときます・・・。結果から言いますが絶対に運動に勝るものはございません。よーは根性の問題です。
   わたしは食べるのが好きなので・・それをセーブしたくない故・・運動してます。
          逆に言えば・・ウルトラ無駄使いともいえます??
3日一度筋トレ45分、軽歩行45分で約8ヶ月でキッチリ仕上がります。
BMI24kg/㎡→BMI21kg/㎡ 
体脂肪率  16%→14.1%
基礎代謝  1260kcal→1530kcal
秘訣・・筋トレしてから有酸素の順番です。筋トレ先にしてから有酸素をすると筋トレ分の時間を有酸素に加算合計可能です。よって有酸素の時間をフルに有酸素として活用可能なのです。
わかるかな??すこしでもかじっている人ならわかると思うが・・何分。     ・・てん
ちなみに余談ですが、禁煙・・まだ続いてます。
開始日時 2003年 7月 19日 23時 0分
経過時間 788日 19時間 17分経過
吸わなかった煙草 946箱 11本
浮いた煙草代 265034円
延びた寿命 65日 17時間 35分

by yuho-online | 2005-09-15 17:49 | □ダイエットの巻

ダイエットって・・・犬・人・猫同様・・。

ダイエットとは・・単に体重やカサを減らすことでは無く、体脂肪を減らし、基礎代謝を向上させ、太り難い体を作ることにあります・・・たぶん。
それには、単にライトカロリー食を追い求めるのではなく、食事の内容自体を見つめ直す事が一番大切なのです。
人間の場合は「心の抑制?」・「運動」の2つをこれらに組み込むことが出来るのでダイエットをすることはそれほど・・ん?犬ほど難しくは無いのかもしれません??が、犬は本能的に痩せたいから食わない・・っうことや、痩せる為にわざわざ運動などはしませんので単純に「食事療法」が強制自動オプションとなります。
さて・・まず。
【太り易いのは何故か・・・??】
①太りやすい理由は、基礎代謝が低いのが一番の原因です。(運動不足・筋力不足)
②食いすぎ(基礎代謝以上に栄養価摂取)が直接要因。  の2つが主。
その前に・・・基礎代謝とは・・なんぞや?と言う方はいますかぁ~。
【基礎代謝ってなんですか?のお答えになります】
ふつ~に生きているだけでも消費する車で言えばアイドリング状態見たいな物です。
例)1000ccの車と5000ccの車、エンジン掛けてアイドリングさせておくとどちらがガソリンを多く消費しますか??答えは5000ccですよね!これと同じ。
これら基礎代謝は1日の総エネルギー(脂肪・糖質)の65-70%を占めます。この脂肪燃焼量(筋肉)が多ければ多いほど基礎代謝が大きくな太りにくい体質となります。

これらの考え方は人間もペットもほぼ同じですが、人間の場合はさらに筋トレ!と言う秘策がありますのでちょっとだけ?有利ですね。
犬の場合は本来持つべき筋肉量に戻してやるだけで十分代謝は大きくなるのです。よーするに太りに易いペットは単に運動不足により筋肉量の低下した低基礎代謝犬・猫ということになります。
そこで、今一歩心の弱いオーナーさまに補足グッズをご紹介!まーた・・営業になっちまった・・。
■筋肉を増加させる為には幾つかの要素が必要になります。下記参照
①体力・スタミナアップ系アミノ酸:バリン、ロイシン、アルギニンなどを豊富に含むアミノ酸サプリメントの使用/アクティブライフ・アレルゲンフリー
②脂肪燃焼・新陳代謝を高める為にはミネラル類が必須です!!
③・・・ゆっくり、のんびり、なが~く歩くことです。坂道が良いでしょう。筋肉は適度に負荷うぃ掛けないと育ちません。これは同時にオーナーのダイエットに繋がる最も感謝される方法です。属名「漁夫の利」戦法・・・。
本日はこの辺で・・・。  乱筆乱文・・あしからず              ・・・てん
by yuho-online | 2005-05-14 17:13 | □ダイエットの巻



てんちょ・・・ひとりごと
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
LINK
 ゆーほオンライン

運営者
パルプラン co.,ltd
管理責任者 ・・・てん
連絡先03-5307-5099


ダイスケ(18歳にて没)
名:lark of world fujimoto jp
生:1993 12月19日

ご来訪カウンタ
ブログパーツUL5
(+200.000)
since 2005/03/18



ゆーほ南口本店

ゆーほ北口店

闇の部署:通販事業部

検索
最新の記事
記事ランキング
画像一覧
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル